スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

  • 2009/09/05(土) 02:28:52

こんばんは、ENDuです。

だんだん夜も涼しくなってきました。
もうすぐ秋ですよ。

そんな秋の夜長に、最近読んだおススメ本。

アスラクライン〈12〉世界崩壊カウントダウン (電撃文庫)アスラクライン〈12〉世界崩壊カウントダウン (電撃文庫)
(2009/04/10)
三雲 岳斗

商品詳細を見る


面白い!
12巻まで出ていて、
今から読み始めるにはちょっとつらいかも知れませんが、
自分は一気に読み終えてしまいました。

9巻まではユル雰囲気の中に、謎を散りばめつつ、
10巻からは怒涛の展開ですよ!


ライトノベルなので、
一冊読み終わるのも2時間くらいですし……。
ただ、一冊読み終えた後の物足りなさはありますがね。

自分はアニメを見てから小説を読み始めた口ですが、
アニメも面白かったです。

スポンサーサイト

読書(2)

  • 2009/09/14(月) 23:15:36

こんばんは、ENDuです。

新しいキットを購入したのですが、
デジカメのバッテリーが切れていて、
撮影出来ません。


そこで今日は別のお話。
先日読んだ本です。

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る


アスラクラインと同じく、アニメを見てから読み始めました。
アニメはアニメで、なかなか演出が良くて面白いんですが、
小説は小説でかなり面白い!

なんて言うか、会話のテンポが素晴らしい!

ただ、説明台詞が多く、読みづらい人には読みづらいかも。
空の境界〈上〉 (講談社文庫)(奈須 きのこ著)が大丈夫な人なら大丈夫でしょう。

↓↓↓↓以下少しだけネタばれあり。

続きを読む

読書(3)

  • 2009/12/16(水) 00:38:14

この動画のせいで↓


「とある科学の超電磁砲」のOP聞いても、
マギー審司の顔しか思い浮かびません。


こんばんは、ENDuです。

プラモにろくに触れない最近の楽しみといえば、
通勤電車での読書くらいです。

ちょうど今日読み終わった本のご紹介。

双竜記〈3〉機械じかけの竜と闇の咆哮 (電撃文庫)双竜記〈3〉機械じかけの竜と闇の咆哮 (電撃文庫)
(2009/12/10)
安彦 薫

商品詳細を見る


面白い!!

全体のイメージは、
蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス) + 『ダンバイン』でしょうか?

ファンタジーロボット物(そんなジャンルあるの?)と思いきや、
人間同士の戦略戦術、思惑などが絡んで、とても面白いです。



アルスラーン戦記が好きな人も、
ダンバインが好きな人も楽しめると思います。

ラノベの棚に陳列されていますが、この本はラノベじゃないでしょw
(↑ラノベの定義はよくわかりませんが)











あと、最初に紹介した動画、
こういうの大好きです。

読書(4)

  • 2010/01/06(水) 23:37:01

こんばんは、ENDuです。

年末休暇中に読んでた本のご紹介。

ライトノベルばっかり紹介してると、
「やだ、この3x歳キモイ」って言われそうなので、
たまにはライトノベル以外の本です。


DDD 2 (講談社BOX)DDD 2 (講談社BOX)
(2007/08/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る


言わずと知れた、TYPE-MOONの奈須きのこ様です。

あなた天才ですか?って思わず呟きたくなります。


奈須様との出会いは、かの有名な「月姫」。
以来、「Fate」、「空の境界」と追いかけ続けてきました。

そしてコレも面白かったです。


「月姫」「Fate」「空の境界」と世界観が繋がっていたので、
コレもそうかと思いきや、完全新作です。

能天気なようで、強かさのある登場人物たちがとても魅力的な作品です。









最後に確認なんですけど、
これってラノベじゃないですよね?

読書(5)

  • 2010/02/25(木) 23:56:05

こんばんは、ENDuです。

最近、暖かくなってきましたね。
もう春ですよ(o^∇^o)

仕事中も、ぽかぽか陽気に眠気も誘われますよ。




……
………


スイマセン。嘘つきました。
春とか関係ないです。




先日、やっと読み終わった本のご紹介。

灼眼のシャナ〈19〉 (電撃文庫)灼眼のシャナ〈19〉 (電撃文庫)
(2009/09/10)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る


はい、またラノベです。


もう「この3x歳キモイ」って言われてもいいです。
いろいろ手遅れだと思うし。

それに面白いしね!

アニメで一期、二期と見ていたのですが、
書店で見かけたとき、アニメが中途半端な終わり方だったのを思い出し、
続きが気になって購入しました。

この時点で、
19巻(続刊)も出てることに気づかず……

さすがに、全巻読み終わるのに、時間が掛かりました。


自分の在り方に悩むヒロインや、自分の存在に悩む主人公。
自分の恋愛に悩む女の子や男の子。
こうして書くと、みんな悩んでばっかりです。

とくに恋愛に悩む2人、あまじょっぱいな!
こんな学生生活を送りたかった……。


これを読んでるとき、アニメを先に見ていたので、
脳内で再生されるヒロイン(シャナ)の声が、
釘宮ボイスで癒されました。
そんな3x歳です。






ところで、灼眼のシャナの1番の萌えキャラは、
シャナでも平井ゆかりでもなく、
”探耽求究”ダンタリオンでしょ?
「ドォーミノォーーー!」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。